サイズダウンを実感!Quartsフィルタを使って自炊生活で太ったPDFをダイエット!

PDFをダイエット

最近知ったMacでPDFのサイズを小さくする方法が
とっても便利で簡単だったので紹介したいと思います。

僕は、書籍をスキャンしたデータをMacやiPadなんかで読んでいるのですが
スキャンの時の設定で画質を求めすぎなせいなのか
ページ数が多かったりなんかすると、本によってはスキャンデータのサイズが
500MBとかザラ…なんてことがよくあって、ちょっといくらなんでも大きいよ!
なんだかなあ…と思ってたりしていたわけです。

今まではAcrobatを使ってサイズを縮小していて
あれはあれで便利だったりするのですけど、毎回割と時間がかかっていたので
Quartsフィルタを使った方法だと気軽にできて中々よかったので紹介します。

PDF圧縮用のQuartsフィルタを作成

まずアプリケーション→ユーティリティにある
「ColorSyncユーティリティ.app」を開きます。

ColorSync

開くとこんな感じなので、上にあるメニューの「フィルタ」をクリックします。

ColorSync2

すると、Quartsフィルタが既に何種類か登録されています。

ColorSync3

今回は、「Reduce File Size」というフィルタを元にして設定を作るので
「Reduce File Size」の右にある三角のボタンをクリックして、フィルタを複製を選択します。

ColorSync4

複製されると
「Reduce File Size のコピー」という名前のフィルタが作成されるので
選択してEnterキーで名前を変えておきます。
今回は「Reduce File Size (PDF) 」とします。

ColorSync5

名前が変更できたら、作成したフィルタの左にある右向きの三角をクリックして
フィルタの設定を見てみましょう。

すると中には、
・イメージのサンプリング
・イメージの圧縮
があります。

この2つの項目を変更することで、圧縮の設定を変更することができます。
もともとの「Reduce File Size」をそのまま使わないのはここが理由で
そのまま使うと、サイズは確かに小さくなりますが
読むのがしんどいレベルで劣化してしまいます。

最初は、イメージのサンプリングの左にある三角をクリックしてみます。
中には
・サイズ調整
・解像度
・最大
・最小
・品質
という項目があります。

解像度に関しては、普段見ているデバイスの解像度に合わせてもよいかと思うのですが
今回は解像度の指定はせず、サイズ調整でサイズを縮小し
実際にデバイスでみるときに汚くならない程度の縮小をしたかったので、80%という指定にしました。
この80という数値は、好みで変更してください。100でも、次の項目の設定によっては
結構なダイエットが可能なので、減らさなければいけないというわけではありません。
※ちなみに品質は髙のままでOKです。

ColorSync6

次は、下にあるイメージの圧縮の左の三角をクリックします。
中には
・モード
・品質
という項目があります。

今回は、モードはJPEGのまま変更せずに
品質の部分を全体の6割程度の位置にしてみました。
ここも、好みで調整してみてください。半分以下に設定すると
劣化が顕著に表れるのでできれば6割程度以上がいいと思います。

ColorSync7

以上でフィルタは用意できましたのでウィンドウは閉じてしまって大丈夫です。

作ったフィルタの使い方

サイズを小さくしたいPDFを右クリックし
「このアプリケーションで開く」の中の「ColorSync.app」をクリックします。

PDFがColorSync.appで開けたら
左下の、「フィルタ:なし」となっている部分をクリックすると
先ほど作った「Reduce File Size (PDF) 」がリストに表示されるので選択します。
選択できたら、右にある「適用」ボタンをクリックします。

ColorSync8

処理が完了すると、フィルタの部分が「フィルタ:なし」に戻って
「適用」ボタンが押せなくなりますので、
ファイルメニューから、「別名で保存」で保存すれば完了です!

実際今回僕のpdfはこんな感じでサイズダウンしました。

ColorSync9

おわりに…

減ったには減ったんですけど、欲を言えばもうちょっと軽くなってくれると嬉しい…
でも設定によってはもうちょっと軽くなりそうですね。
ただ、設定をきつくすればするほど汚くはなるので、そこの見極めが大事かもしれません。
今回は、フィルタの設定を1つ複製して編集しましたが、
クオリティ別に何種類か用意しておいて、都度選ぶのも便利かもしれません。

それではまた!

最後まで読んで頂きありがとうございます。
よろしければ右のボタンからフォロー・RSS購読していただけると幸いです。
暇つぶしの相手に最適です。

  • follow me
  • subscribe rss
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pin It

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です